自治体の住民情報システム - 高寄昇三

自治体の住民情報システム 高寄昇三

Add: yzituji73 - Date: 2020-11-30 21:31:47 - Views: 7276 - Clicks: 4945

自治体の住民情報システム 高寄昇三,沢井洋編著 (OAシステム入門シリーズ, 3) 学陽書房, 1984. 中古本を買うならブックオフオンラインヤフオク!店。まとめ買いで更にお得に!! タイトル自治体のOAシステム 作者. 有識者からは「住民にも影響がある」という指摘も出ている。行政に詳しい高寄昇三・甲南大学名誉教授がいう。 「大規模な地震などが発生した場合、特別区ごとに災害対策本部が置かれることになる。.

自治体の住民情報システム: 著作者等: 佐々木 康雄 岩井 勝治 斎藤 四郎 杉本 浩 松浦 義信 樽本 庄一 沢井 洋 秋定 徹 高寄 昇三: 書名ヨミ: ジチタイ ノ ジュウミン ジョウホウ システム: シリーズ名: OAシステム入門シリーズ 3: 出版元: 学陽書房: 刊行年月: 1984. 地方自治体と財務会計の問題は,2つの視点からの論究が必要である。1つは,地方財務会計制度の企業会計への改革である。あと1つは,地方財務会計制度への認識の徹底である。すなわち地方自治の確立のために,地方財務会計制度がどれほど不可欠な制度であるかを,認識させていくことである。 これまで地方自治体において,財務会計はそれほど重視されてこなかった。もっとも民間企業にあっても,企業経営の不祥事をみると,企業会計制度の存在意義に疑問を感じるが,それは運営の問題である。 地方財務会計制度の場合,運用問題以前に,会計制度の非近代・民主化の問題がある。複式簿記・資産会計・連結会計方式が採用されていず,財務情報の公開・分析が極めて不十分であることなど,その欠陥は枚挙にいとまがない。 それにもかかわらず地方財務会計制度が,なんら改正されることなく,今日まで官庁会計を保持してこられたのは,次のような理由が列挙できる。 第1に,地方自治体の財政運営においては,公共・公益性の追求としての「市民福祉の極大化」は,極めて至難な政策選択の課題である。地方団体は公共・公益性の概念が,曖昧であることを奇貨として,意図的に改革をサボタージュしてきた。 すなわち「企業会計では利益測定という極めて明確な目的があり,. 高寄, 昇三, 1934-Takayose, Shōzō 1934-高寄, 昇三 다카요세 쇼조 1934-高寄昇三 日本の財政学者、行政学者 VIAF ID:Personal). 自治体の情報公開 フォーマット: 図書 責任表示: 今橋盛勝, 高寄昇三編著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 学陽書房, 1982. 月刊誌「月刊j-lis -唯一の自治体ict専門誌-」 コンビニ交付(コンビニエンスストア等での住民票等の交付)情報サイト マイナンバーカードアプリケーション搭載システム. 自治体クラウド導入により削減された費用や人的資源 を、他の分野で有効活用し、質の高い住民サービスを 提供可能となる。 2.自治体クラウド導入の効果 自治体クラウドとは、住民基本台帳・税務・福祉 などの自治体の情報システムやデータを、外部.

年報自治体学 : 市民・職員・研究者ネットワーク誌. 気象情報システム 防災情報システム 専用回線 気象情報 気象庁への 震度情報の提供 地震防災情報システム 消防防災通信ネットワークの概要 平成15年3月末現在の加入数 42都道府県 4,658地球局 7,558チャンネル 66.8%の整備率 86.9%の整備率. このように地方自治体への統制は,中央統制・自己統制より,市民統制に期待していくのが,正攻法である。ただこれまでの市民統制は,制度の不備を,市民のエネルギーでカバーしてきたという面がみられる。 市民統制をより継続的・効果的な統制としていくためには,先に見たように市民参加制度の改正とともに,情報公開制度の拡充,地方財務会計制度の改革が必要である。 ただ地方財務会計制度の改革のためには,地方行財政において,費用負担とサービスとの関連が深まり,市民が日常的に地方行政に関心をもつようなシステムが形成されなければならない。 第1に,日本の地方財政は欧米に比して,画一的でサービスと費用の関係は遮断されている。したがって住民はサービス要求型であり,地方団体は補助金待望型である。住民も地方税制度は全国画一的で,サービスが増えても負担が増えるおそれは極めてすくない。一方,自治体も財源不足を超過課税とか,使用料・手数料の引き上げで補填する意向は弱い。 すなわち内部の行財政状況を分析し,行政の合理化,財政の効率化を図っていこうとする意欲はなく,そのためムダの制度化が内部にはびこることになっても,財政は放任されている。 あとにみる地方団体の自己統制は,市民にとって信頼に足る統制ではない。しかし,市民統制を効果的に行うには,財政分析資料があまりにも少なく,しかも分析データとしては不完全である。 しかし,それにもかかわらず,市民オンブズマンによる官官接待の追求は,注目に価する。このような市民オンブズマンの活躍を可能にしたのは,地方団体の情報公開制度である。すなわち市民参加の制度が,有効な市民統制を生み出したのである。 すなわち市民参加が低調とか,市民参加の限界がいわれるが,それは有効な市民参加を保障する制度が存在しないからである。もし住民投票といった決定的な市民参加の制度が設定されれば,市民参加は確実に活性化するであろう。 このような市民参加による直接民主制について,否定的見解が根強いが,それは誤りである。市民運動は能力的に劣るといわれるが,弁護士・公認会計士・建築家さらに公務員を含めた混成部隊で,専門能力においてすぐれている。 市民参加は愚衆政治になるといわれるが,公開による討論が行われるのは,市民参加であり,そして政策選択の誤りは官僚行政の方が,大きいのではなかろうか。 市民参加の信奉. Amazonで高寄昇三の「大阪市廃止」悲劇への構図-経済・生活破綻と府集権主義の弊害 (自治体危機叢書)。アマゾンならポイント還元本が多数。. oa システム ニュウモン シリーズ. 自治体の行政評価導入の実際 高寄昇三著 ★即決!&送料200円 商品説明 多少ヨレスレ、小口に少々シミ、背表紙に色褪せが有ります。はしがき~16頁まで蛍光ペンによる書き込みや線引きがかなりあります。帯なし、折れなし、防水梱包、クリーニング済みです。年11月初版発行。定価. 『第三セクターと公益事業』日本経済評論社 経営コラム 経営コラム一覧 オピニオン 日本総研ニュースレター IKUMA Message カテゴリー別. Pontaポイント使えます! | 自治体の住民情報システム | 高寄昇三 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!.

9月号 自治体防災・新時代: 自治体における防災コストの考え方/高寄昇三. 自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。 自治体関係者の方に無料配布しております。. 地方財務会計制度改革の第1は,有効感ある市民参加を保障するような会計制度への改革である。 これまで地方自治制度の構成・運営において,団体自治と住民自治を,並列的に考えてきたのが間違いである。なぜなら住民自治から遊離した団体自治は,官僚自治であり住民自治の要請には応えないし,応えることができないであろう。 しかもこのような地方団体の官僚自治は,中央省庁の中央統制の圧力に耐えられないであろう。住民自治の支持を背景にした団体自治でなければ,結局は単なる官庁自治に陥ってしまうのである。 地方財務会計制度の改革のためには,このような住民自治の原則が,地方自治の運営の基本原則として,稼働していなければならない。そのためには市民統制が地方団体に及びやすいように,財務会計の改正,監査委員の変革,情報公開制度の充実,住民投票の導入といった,地方自治の民主化が不可欠の前提条件となるのである。 すなわち地方財務会計制度は単に,地方行財政の運営の内部制度ではなく,地方自治の不可欠のシステムであり,この地方財務会計制度の改革によって,市民参加の有効化を図り,地方自治の復権をもたらす制度である。 さらに地方財政が効率的に運用されるためには,このように地方団体への行財政統制が,不十分であることが,原因の1つであることは否定できない。 世界中の地方団体で,あらゆる統制から解放されている団体はない。あらゆる団体がなんらかの統制下にある。民間企業は市場メカニズムの外圧にさらされている。そして地方団体は現行制度では,第1図のように中央統制,自己統制,市民統制の3方向から統制されることになっている。 問題は周知のように,中央統制が強大であり,自己統制が形骸化し,そして市民統制が制度の壁に喘いでいる現実である。このような実態は,地方自治の原理からしても,変革していかなければならない。 戦後の地方自治は,第2図のように市民統制を根底におき,自己統制を中心にすえたのである。しかし,肝心の自己統制が財政運営に関するかぎり,機能していない。この点は戦後自治の復権をもたらした革新自治体も,情報公開制度以外,実績は残念ながらみられない。 したがって地方財務会計制度の改革は,自己統制の整備・強化,そしていかに市民統制が浸透していくかを基本とすべきである。 まず,市民統制は戦後自治の成果物であり,多くの制度の壁があり. つぎに,ミクロの財政運営視点からみて,現在の財務会計制度はどのような問題があるか。地方財政は民間企業と異なり,係数分析が困難な分野が多いが,このことは地方財政の企業会計的分析を拒否する理由にはならない。 それは地方財政の支出は,第1次的に地方行政の政策効果が追求される。いわゆる公共・公益性の原則である。そして第2次的には,民間会計と同じ,効率性・効果性・経済性という3Eの原則は追求されるべきであるからである。 すなわち地方行政は公共・公益性があるから,3Eの原則導入を拒否するのは,行政団体・官僚の自己防衛本能にすぎない。たとえば生活保護行政でも,地方団体で財源配分が決まると,その財源の枠内で生活保護行政を効率的に処理していくべきである。 生活保護行政事務を手作業でするより,コンピュータ処理し,浮いた財源を本来の生活保護財源に転用していくほうが,生活保護行政水準が上昇することは間違いない。 第1に,ミクロの財政運営の分析手法としては,すでに地方財政分野では開発済みである。最も一般的な手法は,財政指標をもとに,財政状況の分析を行なうことである。経常収支,公債比率,人件費比率などある。 第2に,類似団体比率である。地方団体の行政はそれぞれ独自性があるが,地方団体としては極めて多くの類似性をもっている。したがって類似団体の比較は,一般的分析手法としては活用していけば,一応の評価基準を設定することができる。 このようなミクロの分析で,さらに民間企業並みの細部の分析は,先の財政状況の分析を細かくしていけば可能である。住民一人当たりの人件費・地方債残高・福祉支出費などである。 自治体の住民情報システム - 高寄昇三 そしてこれらの指標分析を総合化した手法として,地方自治協会の『新財政診断手法の開発に関する研究』による分析手法が開発済である。現況指標,運営指標,ストック指標の3分野から構成された総合指標である。 第3に,予算制度の改革が不可欠である。予算制度については,前年度増分主義からの脱皮が叫ばれているが,予算編成の質的転換であり,予算と政策選択との関連性を強化することである。 ことに第3セクターのように,地方議会は出資金のときのみ関与できるが,その後は経営破綻となり,経営支援のために追加融資,損失補填の事態にいたらなければ,関係が生じないのが普通である。したがって予算編成時に厳しい審議をしなければならない。. 市民統制と地方財務会計制度の関係は,改革が避けられない状態にあるが,一方,官庁的統制も,このまま放置していけば,地方自治をスポイルしかねないので,その是正を図っていかなければならない。 まず中央統制であるが,先に見たように省益拡大が眼目であり,地方団体の3Eの原則の運営には基本的に無関心である。もっとも地方団体の監督官庁である自治省は,地方団体の運営について,マクロ・ミクロの財政指導に余念がない。 しかし,中央省庁が3000以上の地方団体について,行財政運営まで指導監督できない。しかもそれらは概して,減量的財政運営の指示であり,全体的な3Eの原則に必ずしも忠実でない憾みがある。自治省は毎年,各中央省庁の予算に対して,その改善要望事項を提示しているが,補助金制度の改革は容易に進展しない。 地方自治の基本理念からみて,中央統制は基本的基準の設定,国庫支出金の適法な収支監督に止まるべきである。中央省庁が許認可権を背景にして,地方団体を統制しようとするのは,地方行財政の非効率をもたらし,さらには地方自治の堕落をもたらすことは,補助金行政の弊害ですでに周知の事実である。3 国庫支出金は個別の統制よりも,交付税・交付金化によって,一般的補助金化し,財源調整・保障に専念すべきである。しかし,中央省庁は省益のため,許認可権に固執している。 地方自治の守護神と自認する自治省も,地方債の許可の権限を放棄しないので,他の中央省庁も当然,許認可権を手放さない。 さらに会計検査院も,地方団体の財政運営全般を,検査監督することはできない。国庫補助金関係の支出の適正化・適法化を審査するのみである。 このように中央統制が省益拡大に関心があり,市民統制が制度の壁に阻まれているとすると,最後は地方団体の自己統制である。 しかし,自己統制自体が制度の期待どおり機能していないのが問題なのである。執行部である首長・官僚などは,財務会計が現状のままのほうが,行財政の運営に好都合である。 つぎに議会をみると,執行部への監視機能を果たしているかどうか疑問である。現行法での地方議会は,条例・予算の認可権など,執行部への牽制機能は保障されている。しかも調査権もあり,その監督機能は絶大といえる。 しかし,地方議会の事態は,執行部との同化がすすみ,批判機関としては,その機能を十分に果たしていない憾みがある。 何より. 6 形態: v, 182p ; 21cm 著者名: 高寄, 昇三(1934-) 書誌ID: BAISBN:. 自治体情報公開の実際 - 高寄昇三 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

06 「rpaハンズオンセミナー」を開催します. 自治体の住民情報システム - 高寄昇三 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まって. 行政改革の方向/高寄昇三 地方税財政の課題と潮流/池上岳彦 IT革命と自治体のIT戦略/榎並利博 これからの「この国のかたち」と中央省庁再編/江田憲司 環境行政はこれからどうなる/高橋秀行 福祉・保険・医療制度と自治体の対応/山口道昭 (2)地方公共団体における情報システムのクラウド化・セキュリティ対策等 ア自治体クラウドの積極的な展開等 「自治体クラウド」は、地方公共団体がシステムのハードウェア、ソフトウェア、データ等を自庁舎で管理.

経営者の受託会計責任が全うされるものであります。地方自治体会計では利益という測定目的はありません」1という,独自の制約が存在しているが,企業的財務会計の導入を拒否するほどの特異性はない。 たしかに「環境保全か地域開発か」,「文化ホールか保育所か」といった選択は,実際問題として,政策選択の最適化が,不可能な問題である。それは多くの場合,政治的選択の問題であり,市民の価値感の問題である。 したがって自治体としては,行政情報の公開とか,住民投票の実施とかによって,最終的な政策選択を,委ねざるをえないのである。そのためこのような行政の決定・住民の選択を,誤らさせないために,地方財務会計制度の企業化・公開化を図り,より合理的な判断基準の設定,および提示が求められるのである。 さらにこのような政策選択が,決定された後は,地方財政といえども,民間企業と同じような,事業・サービスについて係数的評価は可能である。しかも公共・公益のゆえに,より財務会計にもとづき,1人当たりの人件費など,行財政運営の適正・効率. 北村春江、高寄昇三、 政井孝道 編集部会員 富岡守 檜垣龍樹 遠藤文子情報公開制度の活用 は自治体・市民を変え る 市民活動・NPOと自治 体〜社会システムと行 政改革を視野に 市民主体のまちづくり をめざして那覇市の総. 1)自治体における財務会計システムの改革については,高寄昇三「新しい財務管理の視点」高寄昇三編『自治体の経営と効率』(学 陽書房,昭和52年3月),高寄昇三「地方自治体と財務会計」『会計検査研究』平成9年9月参照。.

高寄昇三 - kawasaki-jichiken. WinActor®導入事例・自治体編【鹿児島県奄美市役所】高精度なAI-OCRサービスとWinActorの連携により特別定額給付金の支給を最短4日で実現 のページ。 winactor. このようにみてくると,地方財務会計制度の改革には,市民統制の強化を目標にして,より近代的な制度への改正をめざすことになるが,戦略的な視点としては,次のような点が列挙できる。 第1に,地方団体の統制は,中央統制に多くを期待できない。もっとも自治省が地方財務会計制度の改正によって,より近代的な会計制度をつくりだすことの意義はおおきい。それとても市民が他力本願的に待つのでなく,いろいろな機会をつうじて,改正を迫る必要がある。 今日の地方財務会計制度の改正の気運すら,市民運動の動きを察知した自治省の動きともいえる。また仮に制度改正がなされたとしても,地方財務会計制度を市民サイドで,地方団体が運用していくためには,市民統制という外圧が不可欠の前提条件となる。 第2に,官官接待の追求にみられるように,市民オンブズマンの活躍がめだつ。このような不正な経費支出の摘発は,地方団体に打撃をあたえ,その官僚体質の改善に寄与していくであろう。 しかし,それとともに地方財政の運営を,より効率化していくという,一般的・全般的統制としては,財政情報財務会計データによる,地方行財政運営の効率化がなければならない。 第3に,地方自治体の自己改革の意欲を引き出していく必要がある。それにはこれからの行財政は建設中心より,サービス中心の行政への転換を余儀なくされており,市民との連携・協力は不可欠である。そのため会計制度も改正による財務情報の開示が不可避なのである。 したがってより良い地方財務会計制度をつくりだし,市民統制に貢献していくような地方財務会計制度として,運用していくためには,地方財務会計制度を市民統制の点から,抜本的にみなおすことが必要である。 第1に,情報公開制度のさらなる拡充がなければならない。今日の官官接待の追及も,情報公開制度の存在が前提条件であった。 第2に,住民監査請求の活用である。さらに監査委員制度の改正,外部監査の創設などである。 第3に,地方議会の改革である。議会の公開,単独議員の議会行動権の拡充などである。 第4に,住民投票制度の導入である。 地方財務会計制度はこのような市民参加の台頭に呼応して,改革がなされなければならない。そしてそのような改革が,地方行財政運営の3Eの達成にも寄与するはずである。いいかえれば,第4表のように,地方自治体の政策決定は中央省庁,自治体執行.

大都市問題の専門家が問う 大阪市廃止と生活行政の破綻 市民連合による住民投票勝利への戦略 (地方自治ジャーナル. 1 RPAツール「WinActor(ウィンアクター)」のポータルサイトです。RPAとは何か、最新ニュース、導入事例、FAQ、比較情報. こである高寄昇三氏による「情報 第二章は、神戸市企画局主幹の価値を問い直し七います。が必要なことなど情報そのもの組みに対して十分な情報の提供善に対する主体的・自主的な取たこと、また住民の生活環境改. (6) 著者 自治体学会 編 出版者 第一法規 出版年月日請求記号 Z2-995 書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)DOI 10.

「自治体のOAシステム」高寄昇三 / 渡部和/p58~58 「第58回ビジネスショウ」を振り返って / 山本五郎/p59~61 情報政策懇談会の概要について(6) / 新井健/p62~64. これまでみてきたように,日本の地方制度は,地方団体への統制機能が作用しにくい制度となっている。このような統制制度を,市民統制を中心とした制度に,変革していかなければならない。ただ制度改革の効果についての評価は低いが,改めて制度改革の効果を再認識しなければならない。 第1に,行財政の効率化をもたらす。第2に,行財政の政策選択の最適化に寄与する。第3に,行財政への市民参加をもたらすなどの効果をもっている。このような市民統制の確立のために,地方財務会計制度は前提条件として不可欠である その改革の条件として,①行政活動のコストと住民の負担関係が理解でき,②地方自治体の資産(明日の行政サービス余力)・負債(明日の住民の負担)の状況がよく分かり,③政策目標の達成度の測定が会計制度の中に組み込まれ,④行政活動内容の理解を助けるために,会計区分がより細分化され,⑤地方自治体の行財政活動を,網羅的に報告できるための会計組織の整備,などが挙げられている。5 現行の地方財務会計制度は極めて不完全である。したがって抜本的改革が不可欠である。しかし,自治省・自治体がその気になり,手持ちの財務資料を駆使していけば,かなり財務会計分析は可能である。にもかかわらず地方財務分析の活用が,みられないのが問題なのである。 地方財政の効率・民主的管理運営のために,どのような会計制度が必要かを検討してみてみよう。まずマクロ的地方団体の財政状況を判断するには,現在の財務会計では,自治体自身も事態が掴みきれていない。 第1に,連結会計の欠如である。地方団体の予算は,一般会計・特別会計・企業会計に区分されている。まず一般会計と特別会計との分離は,地方財務会計制度で統一的基準はない。したがって一般会計はますます実態から遊離して,地方団体相互の比較や当該地方団体の財政実態を分析するには,普通会計に置き直す必要がある。 ただこの点は地方財政統計による財政指導によって,全国的に処理されているので,普通会計ベースでは,類似団体比較・財政構造分析は可能である。それでも地方公営企業会計との連結会計は不可能である。 そのため公営企業の赤字など,公営企業の実態が一般会計と統合的に把握できず,一般会計からの繰出金・繰入金という費目での関係に止まっている。一般会計と企業会計との連結会計は,一方が複式会計であるため連結会計が不可能. 【tsutaya オンラインショッピング】自治体の住民情報システム/高寄昇三 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販. See full list on jbaudit. 学校法人先端教育機構のプレスリリース(年9月11日 10時00分)事業構想大学院大学、自治体のデジタル化推進の最新動向セミナー自治体. 11501/2871959 公開範囲 国立国会図書館内公開 詳細表示 資料種別.

29 「rpaハンズオンセミナー」を開催しました. 71 大都市問題の専門家が問う 高寄昇三 『大阪市廃止と生活行政の破綻-〝市民連合〟による住民投票勝利への戦略-』. 『コミュニティビジネスと自治体活性化』学陽書房 ・小坂直人1999. 自治体の行政評価システム フォーマット: 図書 責任表示: 高寄昇三著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 学陽書房, 1999.

自治体の住民情報システム - 高寄昇三

email: kakihezu@gmail.com - phone:(694) 775-4383 x 8313

ムササビに会いたい! - 岡崎弘幸 - 久保範明 地震サバイバル

-> 管楽器ソロ名曲集ベストセレクション クラリネット - 藤井一男
-> Windowsがわからなくても動く本 - 穂積徳彦

自治体の住民情報システム - 高寄昇三 - クオリア 遠藤海成


Sitemap 1

フルートレパートリー アヴェマリア - ココナッツ娘 ココナッツ娘 の楽しいハワイ留学